2020年08月03日 日本先進会全般

日本先進会のセカンド・キックオフ(当面の活動方針、「脱・コンナモン思考」について)

動画のスクリプト

今回は、「日本先進会のセカンド・キックオフ」ということで、私たちがこのYouTubeで発信をスタートして1カ月が経ったので、今どういう状況で、これからどのような活動をしていくつもりか、お話ししたいと思います。

私たちはこれまでの約1カ月間、政策本位の新しい政党を作ろうということで、様々な動画を配信してきまして、みなさんからもたくさんのご意見やご質問をいただきました。本当に、ありがとうございます。

しかし現時点で、日本先進会チャンネルの登録者数も視聴者数もまだまだ少なすぎるというのも、紛れもない事実です。このままでは、政治を変えることも、新しい日本を作っていくことも、到底不可能だと言わざるを得ません。だからとにかく、この状況は変えていかなければいけない。

ではなぜ、こんな状況になっているのかですが、まあ99%の原因は、「私たちの発信力が不足している」としか、言いようがないのですが、ただ残り1%、別の原因があるとすれば、それは、「多くの国民はもはや、政策というものに期待しなくなっている」ということもあるのではないでしょうか。

ということで、「日本先進会は、これからどのような発信をしていくのか?」、そして「多くの国民がもはや政策に期待しなくなっているなら、その状況を、どのように変えていけるか?」というポイントで、お話ししたいと思います。

 

日本先進会は、これからどのような発信をしていくのか?

まず、ツイッターについてですが、日本先進会はこれまで、まずは自分たち自身の基本的な政策をきちんとお伝えしなければならない、という考えで、ツイッターではあまり発信をしてこなかったのですが、これからは自分たちの考え方を、より多くの方に、より明確に理解していただくために、日々のニュースとか、既存の政治家の発信などを取り上げて、積極的にコメントして、どんどん切り込んでいきたいと考えています。それによって、たとえば色々な社会問題が、私たちが提案する政策とどのように関連しているのか、あるいは、日本先進会は結局のところ、既存の政治家や政党とどのように違うのか、そういったことをお示しできるんじゃないかと、思っています。そこで皆さんにも、もし日本先進会に切り込んで欲しいニュースや政治家の発信があれば、ぜひツイッターでリクエストしていただきたいのです。全てのリクエストにお応えすることは難しいかもしれませんが、できる限り取り上げて、コメントしていきます。

次にYouTubeですが、こちらでは当面は、ツイッターで取り上げるテーマの中から、重要な論点をピックアップして、動画として発信していきたいと思います。

最後にブログですが、こちらではこれまで通り、動画のスクリプトを配信していきますが、それに加えて、私たちの政策に対して寄せられたご質問やコメントをベースにして、議論の深掘りも行っていきます。その中で、まだお話ししていない、たとえばエネルギー問題や、それから国土計画などの問題も、取り上げていきたいと思います。

とにかく、日本先進会はまだスタートしたばかりですから、これから発信力をどんどん高めていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

 

多くの国民がもはや政策に期待しなくなっている状況を、どのように変えていけるか?

次い、多くの国民がもはや政策に期待しなくなっている状況を、どのように変えていけるかですが、これは残念ながら、すぐに変えられる話ではありません。たとえば最近の東京都知事選挙でも、前回の選挙公約をほぼ全て守っていない小池都知事が、他の候補者を寄せ付けずに、圧勝しました。もちろん、そういう結果になった原因はたくさんあって、たとえば他の候補者の政策も魅力がなさすぎたのかもしれませんが、とにかく公約をほとんど守っていない現職が圧勝したということは、やはり多くの国民が、この場合は都民ですが、もはや政策には注目していないということなんだと思うわけです。

ではなぜ、こんなことになっているかと言えば、それは今までもお話ししてきたように、ここ30年の政治があまりにも酷すぎたということなんだと思います。簡単に言えば、多くの国民は、世の中には満足も納得もしていないけど、政治をアテにしたって仕方ない、まあこんなもんだと思うしかない、という風になってしまっているわけです。そして、私たちが大改革を提案しても、あまり考えることもなく、「そんなの無理だ」と思うようになってしまう。

ちなみに、日本先進会はこれを、「コンナモン思考」と、名づけています。それで、この「コンナモン思考」は、非常に深刻な問題なのです。というのも、国民が「コンナモン思考」に陥っているということは、政治に対する国民の期待というかハードルが、とても低いわけだから、既存の政治家や政党は、これ幸いと、その低くなったハードルを簡単にまたいで、自分たちは国民の期待に応えているとか、国民の信任を得ているとか、そういう風に言えてしまうわけです。小池都知事だって、安倍政権だって、それは同じです。日本先進会は、もうこんな茶番劇は終わりにすべきだと、主張したいのです。

日本は民主主義国家なわけですから、最高権力者は総理大臣ではなくて、私たち国民なのです。つまり多数派の国民が、「コンナモン思考」から脱却して、「中長期の大改革」を強く求めるようになれば、みなさんが心配しているような抵抗勢力や既得権益だって問題ではなく、「中長期の大改革」は実現できるはずなのです。要するに、国民が無理だと思えば無理になって、可能だと思えば可能になるのです。それが、単なる精神論ではなく、民主主義国家というものなのです。

私たち国民が、「コンナモン思考」から脱却しない限り、いつまでたっても「中長期の大改革」は実現できませんし、ほとんど何も仕事をしていない政治家が、自分たちは国民の期待に応えていると胸を張って、多額の税金を受け取るという悲惨な状況も変えられません。そんな状況を変えるために、日本先進会は粘り強く発信を続けていきますから、ぜひみなさんには、みなさんの周囲の方々が一刻も早く、「コンナモン思考」から脱却するために、日本先進会の発信を広めていただきたいと思います。

キーワードは、「脱・コンナモン思考」です。どうぞよろしくお願いいたします。

私たちの動画をぜひご覧ください。
チャンネル登録も、よろしくお願いします。